2017
02.1
 

成田空港からのiPhone修理 画面割れ

成田市
成田空港からご来店!

成田市よりiPhoneの故障でお問い合わせをいただきました。
今回のお問い合わせは成田市からとなりますが、お客様は東京都渋谷区在住の方になります。
成田市にある成田空港を利用し海外に行かれていたそうですが、海外でiPhoneを落としてしまい画面を割ってしまったそうです。
海外に長期滞在(2週間)という事もあり向こうで直すことも考えたそうですが、信頼の部分で日本に勝るものはないと考え、帰国した際にすぐ修理に出そうと考えていたそうです。
また、東京都渋谷区に帰るまでに直すところがないかインターネットで調べたそうで、ちょうど京成線に当店があるという事もあり予約をして頂きそのまま成田空港よりご来店して下さいました。

 

 

成田空港からご来店!

 

 

予約をして頂きましたので成田空港より来店後はすぐに修理に入る事ができました。
以下の画像はお客様の故障してしまったiPhoneより液晶を取り外した状態になりますが、ぱっと見では画面割れはなさそうです。
ですが、今回の故障は表面のタッチパネル側ではなく内部にある液晶パネルの画面割れになりますので表示自体は半分くらい見えない状態でした。
内部の液晶パネルにはタッチ機能が付いておりますが、依頼をしてくださったお客様の場合はタッチパネルは正常に動作していたために何とか使えていたそうです。
修理にかかった時間ですが、iPhoneをお預かりしてから20分程度で全ての作業が完了し、お客様と動作確認の上で問題がない事から無事に返却をすることができました。

 

1

 

 

【成田空港からのアクセス方法】

 

1

 

上記の時刻表を確認していただければわかりますが、特急に乗車して頂ければ37分で乗り換えなしで八千代台駅まで来ることが可能です。
八千代台駅からは徒歩5分程度で当店までアクセスすることができますので、トータルで1時間はかからないで来店することができますね。

 


 

今回iPhoneの修理依頼をしてくださったお客様は日本人の方で東京都渋谷区在住になりましたが、実は成田空港より当店にお越しくださる方は非常に多いんです。
また、成田空港よりご来店していただく方は日本人よりも海外の方が多い印象がございます。
最近で言えば中国の旧正月(春節)などになると多くの中国人が来店してくださる事もありますが、アメリカ人やその他の外国の方にもに多く利用していただいております。

 

このように成田空港からご来店してくださる場合は結構多いですが、そこで日本人と外国人の文化の違いを目の当たりにすることもありますね。
例えばiPhone 6と iPhone 6プラスで比較した場合、7対3もしくは8対2くらいの割合でiPhone 6を使われている場合が多いですが、海外の方の場合は5対5もしくは4対6くらいの割合でiPhone6プラスを使われてる事がよくありますね。
また、iPhoneケースを使っている方は国内、海外問わず多いと思いますが、日本人がどちらかといういえばシンプルな物に対し、海外の方はとにかく派手だったりと日本人とのギャップを感じることもございます。

ですので成田空港よりご来店いただく方の場合は旅行先の話をしてくださる事もありますので楽しいですね!
万が一東京などに帰省をする際にiPhoneを直したい方は京成線沿線に当店はありますのでお気軽にお立ち寄りくださいね!


カテゴリー一覧




最近の投稿