2016
11.14
 

iPhoneの水没による乾燥は絶対におやめください!

水没・その他の修理

iPhoneが水没した時の対処方法を修理店目線でお伝えいたしますので、水没した時の対処方法をインターネット上で探されている方はこの記事でやり方(応急処置)がわかります。

 

この記事を書く前にざっとインターネットで水没に関する情報を探してみましたが、ほとんどが個人の方が書いた内容が目立っております。
修理店が詳しく記載している内容が見当たらなかった為に今回この記事を書く事にいたしました!

現時点でインターネット上でiPhoneの水没に関して書いてある記事は7割くらいが間違っております。
実際にその記事を見てiPhoneが復活した方もいるとは思いますが、修理店からすると奇跡的な感じがしますので慎重に対処方法をお探しの場合は以下で内容を確認してくださいね!

 


 

インターネット上によくある噂を検証の上で正しい方法をお伝えできればと思います。

 

まずiPhoneが水没してしまった時にGoogle、Yahooなどで「iPhone 水没」「iPhone 水没 対処方法」などでキーワード検索をされると思いますが、先ほどの7割間違えている内容がこのキーワード検索で引っかかってきます。
正しい情報であれば共有されたりいい意味で拡散されると思いますが、今となっては情報系のブログのほとんどにSNSのボタンが設置されていると思いますので少しでも「いいね!」や「シェア」ボタンなどに数字があると誰もがその情報が正しいと信じ込んでしまいますね。

また、間違った情報で公開している方のほとんどがアフィリエイトのリンクが大量に絡んでいますので、結局は「アクセスを上げて収入を得る」のが目的のように思えますね。。

似ている所では「iPhone 水没」に関連する記事で「iPhone 水没 米」と言った変わったキーワードが出てきますが、これも間違った情報なのにアクセスが増える為に皆さん記事にしておりますね。

 

アフィリエイターの方を否定するつもりは一切ありませんが、正しい方法で公開をした方がアクセスも増えたりシェアされたりするのかなーなんて思う所ではあります。

 

iPhoneが水没した時には絶対に米の中(米びつ?)には入れたりしないでくださいね!
本来の目的は定かではありませんが、おそらく乾燥させたりする為なのではないかと思います。
水没による修理の中で乾燥される場面は出てきますがここではないです。
1日乾燥させたら直ったという報告も見かけましたが、一時的に直ってはいると思いますが、数日、数週間後には電源が入らなくなってしまったりします。

 

「米」以外で多くある検索キーワードは「iPhone 水没 ジップロック」です。
これに関しては間違ってはおりませんが、インターネット上にある情報の半分以上が使い方を間違っておりますね。
iPhoneが水没をしてしまった場合は応急処置としてジップロックに入れるという方法がありますが、水没してしまった場合はすぐにその作業を行うようにしてください。
ジップロックがない場合はコンビニの袋、スーパーの袋でもある程度は代用が可能と思います。
ですが、間違った情報の場合はこの中に乾燥剤を投入していたりしますが、これは絶対にダメですので入れないでくださいね。
適切な処置をするまでは濡れた状態を保つことが最重要です。

 

鉄についている錆び(さび)を1度は見たことがあると思いますが、あのサビは濡れている時に出てくるのではなく、鉄が渇いた時に出てくるものです。
これをiPhoneの水没に置き換えて頂ければわかると思いますが、適切な対処をせずに乾かしてしまった場合はすぐにサビが回り出してしまいます。
ですので結論から言ってしまうと濡れた状態を保つ理由は「サビ」を発生させない為なのです。

 

以下は実際にあった水没修理の画像になりますが、依頼をしてくださった方は水没後30分程度で当店に電話をして頂きました。
画像では分かりづらいですが、内部が部分的に濡れているのがわかりますでしょうか?

 

iPhone 水没

 

 

この方は当店のある最寄駅周辺で昼食をしていて店舗のトイレに落としてしまったそうで、当店の存在を以前より知っていたそうですぐにご連絡を頂きました。
そのまますぐにご来店をして頂き当店での修理方法をご説明させて頂いてから作業に入らせて頂きました。

結果的に液晶交換、バッテリー交換、ロジックボードの補修で完了することができております。

 

 

iPhone ロジックボード修理

 

 

上記の画像はiPhoneのメイン基盤であるロジックボードですが、水没をした時に一番応急処置が必要になる部分です。
この小さいチップの中に写真、電話帳などのデータが詰まっておりますので、ロジックボードが故障してしまうとデータ救出も難しくなってしまいます。
画像を見ていただければわかると思いますが、米粒よりも小さいチップが無数にある為に水没してしまった場合目視だけではわからないこともありますね。
ですので、当店では電子顕微鏡等を使いサビがないかをチェックしますが、それでも水没してから時間が経過してしまうとロジックボードの修理自体もできなくなってしまいます。

また、夏に海水浴で海に行ったりする方は多いと思いますが、万が一海水に浸かってしまった場合はさらに大変ですのですぐに修理店に相談をしてくださいね!
真水よりも塩分が多い海水の方がサビが回りやすいです。

 


結論からすると水没した場合は乾かさずにすぐに最寄の修理店に相談してくださいね!


カテゴリー一覧




最近の投稿